はんだで暮らす

資料請求

ホームはんだで暮らす半田市の住みやすさ

半田市の住みやすさ

半田市は、「お店」や「学校」がたくさんある「知多半島の中心都市」です!!

「”何でもそろう”いいまちです」

近隣市町に比べて地価が高い土地もありますが、それは様々な社会基盤が整っている証拠。知多半島の政治・文化・経済の中心都市として、名古屋に行かなくても“何もかもがそろう”住みよさがあり、定住地としての暮らしやすさが確保されています。

「抜群の教育環境」

経団連の会長など、日本を代表する経済人・文化人を輩出している半田高校を始め、商業、工業、農業と多様な高校が立地しています。公立幼稚園や大学も立地し、子育て世帯には魅力的な環境が整っています。

「安心の子育て支援・子育て環境」

高校生等までの医療費助成(令和2年度4月1日から)や病児保育施設など、他市町にはない支援がたくさんあります。また、遊具がいっぱいの運動公園や温水プール、さらにはプラネタリウムまであり、子どもにとって嬉しい施設がいっぱいあります。

「知多半島の№1がいっぱい」

スーパー、飲食店、公園、病院の数など、「知多半島の№1」がいっぱいあります。普段の生活に欠かせない「モノ」「コト」を身近に感じることができ、不便を感じる機会がほとんどありません。

「充実した交通アクセス」

交通インフラにとても恵まれているので、休日には知多半島を縦断する「知多半島道路」から名古屋や三重県(ナガシマスパーランドなど)へ出かけたり、三河方面へつながる「衣浦トンネル」で三河方面(ラグーナ蒲郡など)へ出かけることができます。また、車で15分の距離にある「中部国際空港」から国内外に旅行に行けるなど、プライベートを充実させることができます。

movie menu